春の5K、「花粉」に悩まされる症状は、鼻炎の他にも・・・。|ブログ|妙高の漢方 心と身体の相談薬局|ヱビスヤ薬局|新潟県妙高市

Now Loading…

春の5K、「花粉」に悩まされる症状は、鼻炎の他にも・・・。

2019年3月14日

朝、カーテンを開けると・・・。

し、白い!うっすら雪でした。

ポカポカ春の陽気が続いていたので、ビックリ!

お日様出てきたら、ほとんど解けてしまいましたが・・・(^^;)

 

朝の天気予報で、春の5Kが紹介されていました。

~春の5K~

「乾燥」「強風」「花粉」「黄砂」「気温差」

春に注意したい天候の5つの頭文字が、すべてKから始まるんですね。

もう一つ「霞・霧」を入れて、6Kにもなるそうです(^^)

 

今年は雪解けも早く、春のこの時期「花粉症」に悩まされている方が多いですね。

「このところ症状出なかったから、治ったかと思ったけど、今年はひどいわ!」

と、いつものお薬をお求めになるお客様の多いこと!

 

うちのモアイ君、今年はお肌も荒れ荒れみたいです。

 

くしゃみ・鼻水・鼻づまりだけにとどまらず、目のかゆみ、喉のかゆみや乾いた咳、そして皮膚症状まで。

花粉症といっても、いろんな症状がありますね。

植物由来の成分が入った目薬!とっても良いと評判です。

 

目薬も、1日6回さすことができるものもありますから、気がついた時すぐ使えますね。

そして、目薬の差し方ワンポイント!

まつ毛は、目の中に異物を入れないようにキャッチする大事な器官です。

まつ毛に花粉など着いた状態で、目薬を何度さしても、すぐにかゆくなってしまいます。

家にいるときは、顔・目を洗って汚れを落としてから差すと良いですね。

外出中の場合は、目薬でまつ毛中心に一度流してから、きちんと差すと良いですよ。

 

もちろん、抗アレルギー薬でも落ち着く症状もありますが、皮膚症状はスキンケアも大事です。

次回、スキンケアについて記事を書きたいと思います。

 

PAGETOP▲ PAGETOP▲